2012年8月26日 (日)

今週の出来事

お盆の週は19日まで 教室は全部休みだったので 子供たちや孫たちと いい夏休みがとれた。 その分次の週へ しわよせで20日(月)から25日までは 連日教室の日が続いた

20日 S教室 9月美術館の案内はがきを 渡す みんなはがきを見ながら 迫ってくる作品展の制作に追われていることを 実感する 

21日(火)  N教室 案内のはがき配りながら いよいよ美術館が迫ってきましたねとはっぱをかける  次の教室では 当番 や目録印刷ようの 題名や大きさ等を付け出すことなど きめる。

22日(水) Y教室 しっかり者の人ではあるが 健康と称して サプリメントの販売を目的に 宣伝し 和気あいあいに 進めてきた教室の空気が シーンと沈んでしまう。

マルマルさん そこの柿の葉っぱ少し動かした方がいいんじゃないの?と ここはちぎり絵教室であることを 強調してみるが、、  

23日(木) 四国中央市の教室 月に1度なので 皆さん楽しみに あれも話そうこれも聞いてもらおうと 話題はつきない 

朝どれのすいかを もってきたから みんなよっといでと 教室の前にスイカパーチィとなる ここにもうまく打ち解けて行けない人がいて 出てきたいけど 今月もお休みしている人がいる。 10年以上美術館にも出品してきた方なのに 小さな行き違いから こんな形で 遠のいてしまうのは もったいないと 思うが  近じか お手紙でもしてもようか  どこの教室でも やはり 人間関係が一番むつかしい268_001 スイカパーテイ268_002 朝どれの黒すいか268_004 268_003_2 お昼は ご馳走三昧268_004_2

20点の作品を持ち帰った   未だ高速道路の運転は出来ないので 弟に頼んで運んでもらう

24日(金) 午前 午後2教室  銀行に展示していたので お礼に お菓子を頂いたり 珍しいお菓子を持ち寄ったりといっぱい出来たので お茶会をする 午後の人達は 美術館に 来てくださる方へのプレゼントに コースターをつくるそうですが 午前はどうしますか?  ようじ入れ ならできます と言う事で 千代紙で作ることになった268_006 私がひとつ図案を書き それをコピーして 皆さんに渡しておくと 級長さんが手際よく 手配しており 今日の教室で 130枚ぐらい らみねーとのコースターが仕上がる

午後教室のあと 印刷やさんとの打ち合わせ 大体の決め事はできた

268_007 作る人が変わり色がかわると同じものは ひとつもない これが手作りのよさである。

25日(土)新聞社  前回の教室で 「88歳のお祝いを 親戚の人達皆に道後のホテルでお祝いしてもらいました その お返しに 私は 朱竹を貼って皆に差し上げたいのです 材料をもってきてください 」といわれ 他にも台紙

いろいろ注文のもの一式揃えて 今日の教室に出向く 1時間を過ぎても一向にお見えずで Sさんが 電話をする  と 前回のことは全部記憶になく 気管支が弱いので しばらく休みます。 とのことであった。   いつもきちっとして休むときにはSさんに連絡している  と本人も言っていたので 連絡のないときは おいでになるかと 思っていたが、、 

素晴らしい人生の先輩と尊敬していたが 現実88歳とは こんなものか  あーあと気を取り戻し 思い材料を持ち帰ったのであった。268_009 珍しいマツタケ 中国産らしいけど1000円なら買ってみようかと 思いついた ちぎり絵の台紙が欲しいと頼まれていた人の家までは よういかないので 姫彦温泉に預けておいた そこに 売っていた  料理の下手な私が 何もできないけど

さあ 来週もきっと いいことありますように

2012年8月17日 (金)

おぼん おわる

11日より帰省していた 子供や孫たち も17日に 全員ひきあげて 元の静かな老人二人の生活に戻った。

名古屋の息子は15日に 戻り 東京組みの 男ばかりは来るときは25時間かかったそうで 帰りは 少しは 空いてきたかと思われるが 体力のあるときでないと 中々出来ることではない こちらも 女性一人 何も出来ないよと言いつつも

結構忙しい、 温泉に行ったり 回転寿司にも行ったり 何かと物入りであったが 幸せな今年のお盆休みであったと よろこんでいる。

178gatu_001 178gatu_003 178gatu_004 178gatu_005

家族が増えると みるみる増えるペットボトルのやま 

子や孫たち 好きなだけ食べて満足な回転寿司

今日の会計は 奥に映っている おじいさんですよ。

2012年8月 1日 (水)

夏のごあいさつ

ミニうちわ 20センチぐらいの 可愛いうちわに 夏にふさわしいもの 貼ってみた S8_001 S8_002 S8_003

«四国中央市